• グローバル決済代行サービスGOMPAYを発足
  • - 海外法人がなくても利用できるグローバル決済サービス
    - 世界の230カ国に通用するグローバル決済サービス
    - ECサイトの構築から運営までワンストップ対応
    - AliPay、WechatPayなどの中国決済をサポート

    株式会社一般ピープル(代表取締役 伊東 憲一、以下IFP)は、グローバル決済サービスGOMPAYを発足すると、1日明らかにした。

    GOMPAYは、世界230カ国に通用するグローバル決済ゲートウェイとグローバル決済買取サービスを実現させたサービスで、PCI DSS国際情報保護基準を遵守しつつ、海外発行カードの決済承認率97%という他社比高い結果を出していることが特徴のグローバル決済代行サービスだ。また、日本を含む韓国、ヨーロッパなど世界10か国に現地支店を持ち、世界各地のアクワイアラと提携しているため、「これから海外展開したい、または越境ECを始めたい」という事業者のニーズに合わせた最適なサービスだ。

    IFPのJames Kimは「グローバル決済代行サービスは連動が複雑で、海外での承認拒否が頻繁にあると思うのが一般的だ」とし、「GOMPAYは海外に法人を設立しなくても導入が可能だというのが最大のメリットであり、IFPの技術力を土台に様々なソリューションの決済モジュール(プラグイン)を提供して簡単に連動できる」と述べた。