• Webサイト内の個人情報を監視してくれる「Zencert」
  • インストールが難しく、限定的だった​​セキュリティサーバを迅速かつ容易に利用可能に
    セキュリティサーバは、情報を暗号化し、ハッカーの侵入にもプライバシー情報を安全に保護

    IT FUN PEOPLE(以下、 IFP )は、これまで寡占式の不適切な情報を提供していた業界の慣行を脱皮して利用者のための特化した証明書( SSL 、 Secure Sockets Layer )マーケットプレイスサービス「ゼンサート」を開始します。

    スマートフォンの増加につれ、様々なアプリ、メール、スケジュール、人脈管理、 SNS 、モバイルメッセンジャーの使用が拡大されて個人情報のプライバシー保護への意識が高まる一方で、
    小規模事業者が運営するオンライン・ショッピングモールやウェブサイトには、専門性と価格を理由に証明書の設置が少ないのが現実です。そこで、セキュリティサーバ普及拡大のため、ゼンサートをサービス開始し、個人情報の保護サービスの先頭に立ちたいと思っております。

    ゼンサートは、証明書メーカーの仕様に合わせ、統一性のある情報を提供して国際標準化という変化をリードし、個人でも簡単に利用できるように特化された購買プロセスと管理プロセスを提供します。
    また、ゼンサートが保有する様々なリソースや機能を活用し、多数の拡張サービスが開発できるように、様々なAPIを提供します。

    ゼンサートでは、Webサイトに証明書が適用された場合、「緑色のアドレスバー」が表示される証明書を提供し、証明書が設置されたWebサイトの利用者がWebページから自分の情報を閲覧又は変更する際に緑色のアドレスバーを介して自分の個人情報の安全を確認できると同時に、フィッシングサイトとも確実に区別できるようにしました。